友達よりも大事?大学生の僕が「たくさんの人に会う」ためにとった行動

f:id:masa-blog:20180918191110j:plain

どうも、大学生ブロガーのマサルです。

正直、大学生ってかなり暇ですよね。

休みの日は昼に起きて、YouTubeを見ながら気付いたら夕方になっていた、なんてこともあるかと思います(僕だけかも…)。

やっぱりこのような生活を送るのはすごくもったいない。

大学生は自由に使える時間が多く、休学という選択肢もあります。

実際に僕は大学を休学して、セブ島に留学したことがあるのですが、そこでは普通会えないような人たちとの出会いがありました。

元々は「英語教師になる」という夢のために、休学を決意してセブ島へ留学した僕ですが、現地で自由に生活をしている日本人を見て、教職課程を離脱する決意をしました。

これは僕が海外で、「人との出会い」がなければ起きなかったことです。

「人に会えば人生の選択肢が増える」と気づいた僕は、「たくさんの人に会う」ということを意識して行動するようになりました。

大学生は、「自由な時間」と「若さ」という武器を使って、たくさんの人に会うべきだと断言します。

では、どのようにして人と会う機会を増やせばいいのか?

今回は、僕が実際に「たくさんの人と会う」ためにしてきたことを書いていきます。

この記事は2~3分で読める内容にまとめましたので、お時間のある時にお読みください。

目次

海外に行く

海外では普通に日本で生活をしていたら会えないような人たちと会うことができます。

これは偏見かもしれないのですが、、、海外にいる人たちは少し変わった経歴を持った方が多いです。

下記で実際に僕が海外で会った日本人の経歴を紹介します。

  • 日本で「地位と名誉は手に入れた」と言う元不動産の男性
  • セミリタイアして現地の女性と結婚した年配の男性
  • 大学を3年間休学していろんな国を放浪している女子大学生
  • 日本のキャバクラで稼いだお金を使って世界一周をしている女性
  • 日本で調理師免許を取得し海外の水族館で寿司を握る男性

いかがでしょうか?

「こんな自由な生き方して大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

理由は、上記の人たちは「失敗」を恐れずに、常にやりたいことに向かって「トライアンドエラー」を繰り返しているから。

失敗することを恐れていたら、ずっと動けないままですよね。

そこで僕は、自分のやりたいことを実行するために、まずは自分のやりたいこと明確化する必要があると考えました。

僕のやりたことは

  • 世界一周
  • 個人で稼ぐスキルを身につける(プログラミング、ブログ、アフィリエイト)
  • 海外移住

一見、難しそうに見えますが、、、僕が海外で会った人たちと比べてみたら、僕にもできるんじゃないかと思えるようになりました(ポジティブ思考)。

もちろん僕が出会った人たちは、もともと何かしらのスキルを持っている人たちが多いです。

でも、大学生のうちにやりたいことを明確化して、それに向かって勉強や経験を積んでいけば、誰よりも早くスタート地点に立つことができます。

では、大学生はどのように経験を積むべきなのか。次でその方法を書いていきます。

インターンに参加する

大学生はインターンに参加することで、社会人の現場を疑似体験することができます。

大学生のうちにこのような経験をしておけば、「人生の選択肢」が増えるのでかなりお得ですよね。

僕はセブ島でフリーランスという存在を知ってから、スキルなしでエンジニアと繋がるにはどうすればいいのか考えました。

その結果、実際に僕が取った行動を下記で書いていきます。


セブ島でフリーランスに憧れる→エンジニアとしてのスキルなし→どうしたらエンジニアと繋がれるか考える→IT企業に「営業職希望」としてインターンの面接を受ける→採用→エンジニアから貴重な話が聞ける

こんな感じです。

僕はコールセンターでインターンを経験したことがあったので、そこで培った営業スキルを使い、エンジニアと繋がりを持つことに成功しました。

最近の大学生で、「就活しないでフリーランスになります!」という人が増えていますが、特に優れたスキルもないのにフリーランスになるというのは難しいと思います。

でも上記のように、自分のやりたいことが明確になっていれば、自分の強みを活かしてその環境に身を置くことが可能です。

僕は将来的にはブログやアフィリエイトで収入を得たいと思っているので、次はマーケティングのインターンをする予定。

「絶対に就職はしない」と決めている人は、最低インターンくらいは経験しておきましょう。

有給インターンならお金を稼ぐこともできるので一石二鳥ですよ。


大学というコミュニティの罠

大学に行けば仲の良い友達に会えますが、正直、いつでも会える人たちですよね。

大学内ではそこが自分の居場所だということもよくわかる。

でも僕は大学生だからこそ、時間があるうちに外との繋がりを作るべきだと考えます。

大学では、たわいもない会話ができるので、外では有益な情報を話せるコミュニティに参加しましょう。

正直、大学で話す内容なんて毎回同じです。無限ループ。でも外に出た瞬間、自分の知らなかった景色が広がっていたりします。

「お前、意識高い系かよ」と友達に言われても仕方がないかもしれません。

でも、気にする必要はないですよ。

大事なのは自分自身なので笑

就職先が限られる

僕は大学を一度休学したので周りはすでに就活モードなのですが、友達はみんな同じようなところから内定を貰っています、、、。

よく考えたらそれもそのはずで、同じ大学出身者なら、就職先も同じようなところになりますよね。

その現状を打破するためには、自分から行動を起こさなければいけません。

大学内だけで生活をしていたら、考えが狭まってしまいます。

まずは、自分の環境を変えるという意味で、たくさんの人に会う努力をしましょう。

自分から行動を起こすことで、自分と似たような興味を持つ仲間が自然と増えてきます。

稼いでいる人に会う

ツイッターを見ていると、よく有名インフルエンサーが飲み会的なのを開催していますよね。

そういうイベントに参加するのもアリです。

個人で稼いでいる人たちに会うことで、新しい価値観が生まれ、将来像がイメージしやすくなります。

実際に僕はセブ島に滞在していた時に、マナブ(@manabubannai)さんが飲み会を開くとツイートしていたので、勢いで参加してきました。

「自分は初心者だから、、、」と、遠慮するかもしれませんが、今思うとそんなことは全く関係ありません。

初心者にありがちなのは、「弱みを隠そうとして遠慮してしまう」ということ。

これは逆効果で、初心者ほど弱みを見せることで、それを自分の「武器」に変えることができます。

僕はこの飲み会に参加したことで、ブログを書くモチベーションを高めることができ、共に頑張る「仲間」を作ることができました。

ツイッターをフォローしてもらえれば、情報交換することができるのでかなりおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕がやってきたことは簡単で、まずは「自分のできることから始める」ということ。

自分が変わることで、周りが必然的に変わっていきます。

人に会うという行為は無料なので、積極的に行動していきましょう(`・ω・´)ゞ