結論、初めての海外でセブ島へ渡航するのはアリです【人見知りでも大丈夫】

f:id:masa-blog:20180821030256j:plain

 

こんにちは、大学生ブロガーのマサルです。

 

現在、人生3度目のセブ島を訪れています。

 

以前、セブ島にインターンとして1年間ほど滞在していたことがありまして、よくこれからセブ島に行こうか迷っている方から相談を受けることがあります。

 

以前、友達からこんな質問を受けました。

 

大学生のうちに留学したいと思ってるんだけど、実際、初めての海外でフィリピンってどうなの?最近、セブ島留学とか流行ってるけど、治安とかあまりよくないって聞くし、、、

 

 

僕の友達はなぜか海外志向の強い子が多く、僕がセブ島にいる間に何人かの友達はニューヨークやカナダ、マルタ島にいました。相談してきた僕の友達もこの流れに乗りたいようです。

 

本題ですが、今回のテーマは「初めての海外でセブ島へ渡航するのはアリか」でして、これは僕の友達に限らず「すべてのセブ島へ行こうか迷っている海外初心者共通の悩み」じゃないかと思っています。

 

僕は1年間ほどセブ島に滞在していた経験があるので、普通に観光で訪れたことがある人よりも遥かに現地について詳しい自信があります。

 

この観点から「初めての海外でセブ島へ渡航するのはアリか」という悩みについて、解説していきたいと思います。

 

これからセブ島へ行こうと考えている人たちには、きっと参考になる内容だと思います。3分くらいで読める内容になっているので、少々お付き合いいただけると幸いです。

 

・結論、初めての海外でセブ島へ渡航するのはアリ

 

いきなり結論で申し訳ないのですが、、、

初めての海外でセブ島へ渡航するのはアリです。

 

僕も最初は「海外経験ほとんど無いのにセブ島で長期滞在するなんて無理ゲー」と思っていたのですが、実際、今では人生3度目の渡航を果たしています。

 

・3ヶ月くらいの滞在が目安

 

長期で滞在するにはある程度の目安が必要です。海外へ渡航する理由は人それぞれだと思いますが、今回は英語を勉強するためにセブ島へ行くという理由の場合で話を進めていきます。

 

僕は1年間ほどセブ島に滞在していたのですが、今思うと「長居しすぎたな、、、」というのがホンネです。

 

というのも「大学をわざわざ1年間休学したのにセブ島にしか訪れなかった」といういかにもな理由です。

 

周りにはセブ島でインターンや語学学校で英語を少し勉強した後、自分の英語力を試すためにワーホリを使ってオーストラリアやカナダに渡航した人たちがいました。というか、このパターンが基本です。

 

・セブ島に長期滞在するのも一つの手段

 

そんなことを言いつつも、僕はセブ島での長期滞在で英語力を伸ばすことができたので今の現状にとても満足しています。

 

僕も最初はワーホリを使ってオーストラリアやカナダにも行きたかったのですが、あまりにもお金がなく、家族も「自分の好きなように生きてもいいけど、やるなら自力でやりなさい」という性格だったので、自分がアルバイトで稼げる分だけで滞在できる海外という理由でセブ島を選びました。

 

・ 最低でも1ヶ月は滞在するべき

 

セブ島で出会った人の中で「旅行ならいいけど長期滞在は流石に無理だ、、、」という人もいたので、いきなり長期滞在することを決めずに、まずは少ない期間で様子を見ながら徐々に滞在期間を伸ばすという方法をオススメします。

 

さらにフィリピンは30日までの滞在なら、ビザは必要ないです。

 

まずはセブ島がどんなところか知るためにも、お試し期間という形で1ヶ月だけ滞在してみるのもいいかもしれません。

 

・どこの国の英語を話せるようになりたいかによって行き先を決めるのが本当の賢い選択

 

少しネガティブなことを言うと、セブ島から日本に帰ってきた時、友達にアメリカ人の彼氏できたと聞いて会いに行ったのですが、全く彼の英語を聞き取ることができませんでした、、、

 

逆に、僕の友達は海外経験がほぼゼロなのに、そのアメリカ人の彼氏と付き合ったことで英語がかなり上達していました。

 

僕はこの瞬間「セブ島で一体何をしていたんだ、、、」と自分を恨みました。

 

・人見知りを治したければセブ島一択

 

それでも僕は、セブ島を選んで良かったと思える唯一の成果がありまして、それはポジティブに物事を考えられるようになったことです。

 

もともと人見知りで引っ込み思案な性格だったのですが、セブ島に来てからその性格がガラリと変わりました。

 

海外に出ると「普段はすごい落ち着いているのに、英語になると人が変わったように話す」という日本人に出会います。まさに僕がその例でして、海外で英語を話すときは結構陽気なキャラになったりします。

 

多分、これはフィリピン人の性格が僕を変えた可能性大で、この国には驚くほど陽気な人が多いです。そしてネガティブな人が誰一人もいない。

 

こちらから話しかける気が無くても、向こうからひたすら声をかけてきます。嫌でもしつこいくらい話しかけてきます、、、でもこのおかげで僕は人見知りを克服することができました。

 

・嫌でも英語を使わなければいけない環境がある

 

人と話すことが嫌いな人には向いてないかもしれませんが、、、海外に行こうと考えている人の中で、英語を一切使わずに日本へ帰ろうと考えている人はいませんよね。

 

ほとんどの人が英語を使う機会を必要として海外へ行くはず。そう考えた時、セブ島は英語を勉強をするためにとてもいい場所だと言えます。

 

フィリピン人は本当におしゃべりが大好きです。こっちがいくら疲れていても容赦なし。まずはこれを利用して自分の英語力を鍛えちゃえばいいと思います。

 

こちらからアクションを起こさずに英語を学ぶことができる。こんなにも人見知りに適した国は他にありません。

 

・さあ、訪れてみよう

 

というわけで、まだセブ島へ行こうか迷っている人は、とりあえずセブ島行きのチケットだけでも買っちゃいましょう。後は必然的に行くだけです。

 

僕もそうだったのですが、海外へ行く前の心配事って結構余計なことが多いです。

 

余計な心配をするのは止めて、一緒にCEBU LIFEを充実させましょう